スポンサーサイト

  • 2019.04.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁「キトサン」が血中のLDL(悪玉)コレステロールを低下させる仕組み

    • 2019.04.09 Tuesday
    • 20:43

    JUGEMテーマ:おいしい青汁と効果

     

     

    大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁「キトサン」にはその効果を発揮する成分としてキトサンが配合されています。

     

    普通は血液中のコレステロールは肝臓に運ばれて胆汁酸に変化します。

     

    そして小腸へ分泌されることになります。

     

    その後は、一部の胆汁酸は肝臓に再び吸収されることとなります。

     

    ところが、キトサンを摂取した場合には、キトサンが胆汁酸の一部を便として体の外へ排出してくれます。

     

    そして、胆汁酸の肝臓への再吸収が抑制されることとなります。

     

    その結果として血液中のコレステロールを減らすことになるのです。

     

    この大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁「キトサン」を40人の被試験者に対して実証試験を行った結果、摂取を開始した人たちは悪玉コレステロールの値が低下するという結果が得られました。

     

    ちなみに、キトサンとは、甲殻類であるエビやカニなどの殻に含まれているキチンを濃いアルカリ溶液に付けて加工することによってできる不溶性の食物繊維の事です。

     

    キトサンは、その親和性の高さから、青汁などの健康食品の材料の他に医療用の人工皮膚や手術用糸などにも応用されています。

     

    ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンを詳しく解説しているサイトご紹介

    大正製薬の大麦若葉青汁<キトサン>でコレステロール対策

    大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁「キトサン」がイイね!

    • 2018.01.29 Monday
    • 09:41

    皆さんの中には、血中のLDL(悪玉)コレステロールの数値が

    気になる人も入りと思います。

     

    そんな方におすすめなのが大正製薬から販売されている

    「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁キトサン」という青汁です。

     

    この青汁には大きな特徴があります。

     

    まずは、トクホの青汁であるという事!

     

    実は、青汁は健康食品として定番になっていますが、

    トクホになっているものは、そんなに多くありません。

     

    そして、そのトクホとして認められている効能が、

    血中のLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きです。

     

    この青汁は、大麦若葉の青汁ベースに、

    カニやエビの殻に含まれているキトサンを加えてあるのですが、

    そのキトサンがLDL(悪玉)コレステロールを低下させる訳です。

     

    その効果は大正製薬が行った試験結果で証明されています。

     

    1日3袋を目安に摂取していって4週間を経過していくと

    悪玉コレステロール値が低下していく・・・という結果が出ています。

     

    大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁「キトサン」を飲み続けるメリットは、

    まずは、血中悪玉コレステロールを低下させるだけではなく、

    もちろん、野菜不足の解消にもなります。

     

    この青汁は、ヘルシーライフを目指している方には超オススメの青汁ですね!

     

     

    UGEMテーマ:おいしい青汁と効果

    サントリーの極の青汁は大麦若葉の青汁です。

    • 2017.10.30 Monday
    • 15:01

    サントリーウェルネスという会社が販売している青汁が「極の青汁」になります。

     

    サントリーウェルネスは、その名前からもお分かりのように大手飲料メーカーのサントリーの子会社になります。

     

    さすがに、大手飲料メーカー系列の会社だけに、「美味しさ」というものにこだわっていて、「極の青汁」は、非常に美味しく飲める青汁に出来上がっています。

     

    その人気は、販売2億杯を突破し、顧客満足度は97%、飲み続けたいと感じている方が99%という高い数字からもうかがい知ることができますね。

     

    その青汁の原料になっているのが、大麦若葉と明日葉、そして宇治の煎茶と愛知県産の抹茶が配合されていて、普段からお茶代わりに飲めると評判です。

     

    野菜不足解消したいと悩んでいても、なかなか美味しく飲める青汁に巡り合わない!

     

    そんな方に一度、飲んでいただきたいのがサントリーウェルネスの「極の青汁」です。

     

     

     

    JUGEMテーマ:健康

    キューサイのケール青汁(冷凍タイプ)

    • 2017.10.30 Monday
    • 13:43

    キューサイという会社は、ケールの青汁を全国的に広めたと言っても良い会社です。

     

    キューサイの中でもロングセラーの青汁と言えば、ケール青汁(冷凍タイプ)になります。

     

    ケール青汁(冷凍タイプ)というのは、国内の契約農家さんたちが無農薬、無化学肥料で栽培されたケールが原料になっています。

     

    そのフレッシュなケールをパック詰めして絞ってマイナス40℃という超低温で急速冷凍して造られます。

     

    このケール青汁は100%ケールで作られていて、添加物も化学調味料も全く添加していない王道を行く青汁です。

     

    単に、生のケール青汁を冷凍するだけではなく、製造過程の中で外気から密閉して低酸素状態にして酸化されるのをできるだけ防ぐような工夫がなされています。

     

    でも、ケールの青汁は苦味や草のような青臭さがあるので我慢して飲める人でないと無理かもしれません。

     

    粉末タイプの青汁ではなく、「本格的な生のケールの青汁を飲みたいな〜」とお感じの方はキューサイのケール青汁(冷凍タイプ)はオススメですね。

     

     

    JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

    遠藤青汁ってどんな青汁なの?

    • 2017.10.30 Monday
    • 12:00

    遠藤青汁という青汁があります。

     

    この名前からもお分かりのように、青汁の父とも呼ばれている遠藤仁郎博士の教えを忠実に受け継いで作られ販売されているケールの青汁になります。

     

    遠藤青汁には、契約農家さんが丹精込めて栽培しているケールを使って絞り作った100%ケールの生青汁と生豆乳青汁、そして乾燥青汁ケール100%顆粒タイプの3種類があります。

     

    そもそも、ケールという緑黄色野菜は地中海原産のキャベツの原種に当たります。

     

    ヨーロッパでは、このケールという野菜は、その栄養バランスのすばらしさから薬草みたいに重宝されていたらしいですね。

     

    そのずば抜けた栄養成分の多さに目を付けたのが青汁の生みの親の遠藤仁郎博士です。

     

    そんな意味でも、遠藤青汁は青汁の歴史の中でも忘れてはならない青汁ですね。

     

    今でも、この遠藤青汁を愛用している方々は多く存在していて、今後も地域に愛される青汁である続けるのだろうと思います。

     

    遠藤青汁は、ズバリ!苦味も青臭さも大丈夫!元祖、自然流の青汁が好みです!という方にオススメの青汁になります。

     

    JUGEMテーマ:健康

    青汁の歴史

    • 2017.10.30 Monday
    • 11:29

     

    青汁と言えば、今ではかなりポピュラーな健康食品になっています。

     

    高齢社会の日本では、自分の健康は、自分で健康管理するのが当たり前になってきています。

     

    その分、健康食品が人気になってきていますね。

     

    その健康ブームを反映して、青汁も段々と進歩してきていろんな青汁が販売されるようになりました。

     

    そもそも青汁とは、辞書には「生の緑葉野菜をしぼった汁」という風に説明されていますが、今では、その種類も生や冷凍パック、粉末や錠剤、ゼリータイプなどなどバラエティに富んでいます。

     

    私の認識では、日本で最初に青汁を作って広めたのは岡山県の遠藤仁郎博士です。

     

    戦中、戦後は日本は食糧難でした。

     

    それで栄養失調などによって抵抗力が低下して病気になる人たちも多く、何とかして人々に抵抗力を付けさせてあげたいという思いから作られたのが「緑葉末油煉」で、これが青汁の原型です。

     

    今、私たちが使っている「青汁」という呼び名は1944年から使われ始めたらしいです。

     

    また、当時、一般の緑黄色野菜よりも栄養豊富なケールを青汁の材料として採用したのも遠藤仁郎博士です。

     

    いま、私たちが青汁の恩恵にあずかれるのは遠藤仁郎博士があっての事なんですね!

     

     

    JUGEMテーマ:おいしい青汁と効果